千葉公園の四季(2020/05/20)蓮池の様子と牡丹園

古代ハスの池

蓮池、浮き葉につづいて水面上に葉が伸び上がってきました

 

昨日から雨模様がつづき、朝方も曇天、蓮池の浮き葉に雨の粒が残っています

綿打池と蓮池の間の遊歩道をアヒルたちが移動中

牡丹、芍薬園

牡丹園では、牡丹(ぼたん)が散り、芍薬(しゃくやく)が咲きだしています。縄文土器を囲むモニュメント園の花も咲きそろってきました

園内施設は、まだ閉鎖がつづいています

運動場のフェンスには「はなれてあそぼう ←2めーとる→ keep Your Social Distance」の注意幕が内と外に向けて貼られています。いまだ、千葉県と首都圏では、コロナパンデミックへの「緊急事態宣言」が解除されていません。蓮池の観覧施設「蓮華亭」や喫茶「ハーモニー」、貸ボートも閉鎖がつづいています。

曇天の朝、綿打池の向こうに千葉モノレールが運行されていますが、ボートは池の中ほどに係留されたまま緊急事態宣言の解除を待っています

千葉公園の四季(2020/05/07)地震、雷雨明け快晴 芍薬開花

千葉内陸部震源地の地震が二回続き、疫病いまだ渦中に避難場所の確保問題などが新たな課題としてニュースで報道されています。

浮き葉が広がる

古代ハスの池にハスの葉で最初に池の面に「浮き葉」が広がってきました。

浮き葉の上には昨夜の雷雨の名残の水玉が転がっていました

牡丹(ぼたん)芍薬(しゃくやく)園

こちらでも、牡丹の白い花は雷雨で散らされていましたが、芍薬が咲き始めてきました。花びらの上にも昨夜の雨が残っています

快晴となり、コロナで自宅に籠っていた市民が朝から公園を散歩しています

以前にも見かけたワンちゃんとお兄さん?。途中でブラッシングも

千葉公園の四季(2020/04/16)コロナ、ハスの浮き葉の芽、牡丹園

売店・ハーモニーも営業休止

公園内の喫茶・ハーモニーもコロナ自粛営業で休業になっています

浮き葉が芽を出した

ハス池に水が張られハスの浮き葉の芽が水面にちらほらと浮いてきています。最初のハスの葉は水面に沿って広がる葉だけとなります。それから、水面を越えて伸び上がる葉と花がつづいて生えてきます。

牡丹園の開花はじまる

 

牡丹園では畑全体の一割くらいの花が咲きだしていました

公園散歩は変わりなく

不用な外出を避けるようにと、緊急事態が発動されていますが、公園で散歩する市民はあまり変わりがないようです。密集にはならない公園散歩です。腰に携帯用の伸縮するお皿を下げて子犬二匹と散歩する方です