なかなか完成しない千葉競輪場リニューアル工事

2021年4月に入り、ちば競輪場の様子を撮影。内装工事、外装工事の日程が塀に掲示されていました。2020年中の完成予定でしたが、コロナ禍などで遅れており、千葉市の案内サイトでも完成予定日の案内がされていませんが、5月ころに完成するようです。

千葉競輪場工事

2021年4月7日撮影。完成までまだしばらくかかりそうです。

市民体育館の工事始まる

つづいて、千葉市民体育館の移転とリニューアル工事が始まりました。

ちば競輪場のバンクが500mから250mと短くなり、その分の敷地が空いたところに千葉公園脇の体育館がこちら側に新設移転されます。2025年ころの完成予定になっています。

千葉駅北口周辺、千葉公園付近のお店

千葉駅北口周辺、千葉公園付近のお店

千葉市産業振興財団・勤労者福祉サービスセンターが発行するタウン誌「ゆるり」「ゆるりぷらす」で、千葉公園付近の「ぷらっとウォーク65号」で、
千葉駅北口周辺、千葉公園付近のお店が特集されています。

https://www.chibashi-sangyo.or.jp/kinfuku/yururi.html

 2021年3-4月号

2019年度の、お店案内をまとめたPDFもアップされています。

https://www.chibashi-sangyo.or.jp/images/yururi_2103.pdf

千葉公園は総武線東千葉駅の跨線橋を渡り、徒歩10分の所にあります。DC会館ご利用中の休憩時間、前後の余裕時間など散歩や気分転換にもってこいの公園です。

 

ちば競輪場リニューアル工事まもなく完了、新市営体育館工事始まる

昨年完成予定の千葉競輪場のリニューアル工事(仮称は“千葉公園ドーム”千葉競輪場のリニューアルデザインが公開、建設費は約70億円 2018/02/17)がコロナ禍で完成予定が延期されていました。2021年2月ころに完成が延期されていましたが、いまだ完成予定が不明のようですが、もうすぐでしょう。(千葉市 250競輪準備室

市営プール側からのドーム様子

千葉公園の綿打池で利用できる貸ボートは、例年来月3月から始まります。冬季中は市営のプールの観覧席上で保管されています。保管中のボートから完成間近の千葉競輪場の新ドームの姿。手前の土管には古代ハスが分根されて養生されているようです。全国の公園などに提供されてきました

入り口ゲート側

すでに、全国各地競輪場の場外車券の販売は停止されています。2020グランプリで、千葉出身の和田健太郎さんが「初出場で初優勝の快挙!」をアピールする大きなPR幕が掲げられています

これまでは、全周500Mのバンクでしたが、新ドームは250Mと短くなり国際規格の競技場となり、競技方式と車券も新しい対応になると公示されています

千葉競輪場入り口前の交差点のななめ前に大きな看板で「軍資金」の調達をPRする質屋さんの看板 

競輪場入り口側から。左がこれまでの車券施設、と新ドーム。バンクの周回距離が短くなり、新競輪場ドーム敷地に余裕ができ、そこへ市営体育館が新設移設されます。

市営体育館のリニューアル工事も始まっています

こちらは、千葉公園体育館の旧来の施設。利用停止中ですが、千葉競輪場のドーム脇に移転予定でそちらも新設工事が始まっています。

今年1月から工事が始まり、2023年3月に供給開始予定になっています。(市のサイト案内より)

左の灰色部分が新千葉競輪場で、体育館もドーム型の施設になるようです。